ここはスウェーデン

ストックホルムの美大にいる

Queer Phenomenology

CHAPTER 1 Orientations Toward Objects

p.56

The surfaces of bodies are shaped by what is reachable.

:身体の表面は、到達可能なものによって形作られている

 

Orientations are about the direction we take that puts some things and not others in our reach.

:オリエンテーションとは、あるものは手の届くところに置き、あるものは手の届かないところに置くという方向性のことである。

 

Phenomenology helps us to explore how bodies are shaped by histories, which they perform in their comportment, their posture, and their gestures. 

:現象学は、身体が歴史によってどのように形作られ、それを態度や姿勢、身振りで表現しているのかを探るのに役立ちます

 

What bodies ‘‘tend to do’’ are effects of histories rather than being originary.

:身体が「しがち」なことは、起源的なものであるというよりも、むしろ歴史の影響である。

 

We could say that history ‘‘happens’’ in the very repetition of gestures, which is what gives bodies their tendencies.

:身振りの反復の中に歴史が「起こる」のであり、それが身体にその傾向を与えるのだと言うことができる。

 

If spaces extend bodies, then we could say that spaces also extend the shape of the bodies that ‘‘tend’’ to inhabit them.

:空間が身体を拡張するのであれば、空間もまた、そこに棲息する「傾向のある」身体の形を拡張していると言える

 

p.59

the chairs become soft to provide seating for the body that sits. In turn, the body becomes soft as it occupies the soft seat, taking up the space made available by the seat. Such positions become habitual: they are repeated, and in being repeated they shape the body and what it can do. The more the body sits, the more it tends to be seated.

:椅子は、座る身体に対して座る場所を提供するために柔らかくなる。一方、身体は柔らかい座席を占有することによって柔らかくなり、座席が提供する空間を占有する。このような姿勢は習慣化され、繰り返されることで、身体とそれができることが形作られる。座れば座るほど、身体は座ったままになる傾向がある

 

what we ‘‘do do’’ affects what we ‘‘can do.’’

:私たちが「すること」は「できること」に影響を与えるということです。

 

We acquire our tendencies as an effect of the direction of energy to this or that side. 

:私たちは、エネルギーをこちら側またはあちら側に向けることの効果として、自分の傾向を獲得するのである。

 

So if gender shapes what we ‘‘do do,’’ then it shapes what we can do. Gender could thus be described as a bodily orientation, a way in which bodies get directed by their actions over time.

:つまり、もしジェンダーが私たちの「すること」を形作るのであれば、それは私たちの「できること」を形作るのである。したがって、ジェンダーは身体的志向性、つまり、身体が時間とともに行動によって方向づけられる方法と言えるかもしれない。

 

Iris Marion Young’s phenomenological model of female embodiment places a key emphasis on the role of orientation. 

:ris Marion Young の女性の身体化に関する現象学的モデルが、志向性の役割に重点を置いていることである。

 

p.61

Gender is an effect of the kinds of work that bodies do, which in turn ‘‘directs’’ those bodies, affecting what they ‘‘can do.’’ At the same time, it is not always decided which bodies inhabit which spaces, even when spaces extend the form of some bodies and not others. 

:ジェンダーは身体が行う仕事の種類の影響であり、その結果、それらの身体を「指示」し、「何ができるか」に影響を与えるのである。同時に、空間がある身体の形態を拡張し、他の身体の形態を拡張しない場合であっても、どの身体がどの空間に生息するかは常に決定されるわけではない。

 

p.63

The ‘‘new’’ is what is possible when what is behind us, our background, does not simply ground us or keep us in place, but allows us to move and allows us to follow something other than the lines that we have already taken.

:だから、そう、私たちはそのような到着を祝うべきなのだ。新しい''とは,私たちの背後にあるもの,つまり私たちの背景が,単に私たちをその場にとどめるのではなく,私たちが動くことを可能にし,私たちがすでに取った線とは別のものをたどることを可能にするときに,可能となるものなのです.